Ayumi Nishiyama

Business Food Health Tech ニュース ブランディング マーケティング 健康 技術

ストロングハートプラスは「予防薬」それとも「駆虫薬」?

今回は、フィラリアに対するお薬に関する「名前の話」であり「お薬の作用の仕方の話」でもあります。多くの方が疑問に思っている部分だと思います。出来るだけ簡単にご説明しましょう。 ストロングハートプラスは一般的に「フィラリア予防薬の1つ」と言われています。他にも、レボリューションやカルドメック(注:ストロングハートプラスはこれのジェネリック)などがありますが、その全てが普通「予防薬」という名前で宣伝、販売されています。するとどうしても「フィラリア(犬糸状虫)が犬に寄生する前にシャットアウトしてくれる」という印象を抱いてしまうものですが…実のところ、これらの薬にはそんな効果はありません。 犬糸状虫は(非常に簡単な言い方をすると)[他の犬→蚊→あなたのお家の愛犬]という流れで移動します。そして、ここで挙げているお薬は、そのような経路で犬の体内に入り込んだ犬糸状虫の幼虫を「駆虫」する効果があります。そのような意味では「駆虫薬」なのです。 ではなぜ「予防」なのかと言いますと、実はそのような解釈も可能です。なぜなら幼虫の状態では、犬の体にフィラリア症という害を及ぼしません。ですので、成虫になって外科手術が必要になる「前に手を打つ」という意味では、ある意味で「予防」なのかもしれません。Read More